本文へスキップ

協会の概要についてCONCEPT

所在地及び代表者

所在地:福岡市早良区重留7丁目11−9
代表者:宮原俊寿

審判長メッセージ

福岡県野球審判協会の3代目審判長の宮原です。
審判暦は約40年になりますがまだまだ現役で軟式から硬式までグランドに立っています。
大学野球では全国大学野球選手権で神宮、東京ドームでジャッジしました。
現在は次世代の審判を育てることに力を注いでいます。
当協会は40年を超える実績を持ち現在28リーグの軟式社会人野球と4つの硬式野球組織と幅広く活躍しています。
特に審判員の技術の向上には熱心に取り組んでいます。
年に数回の審判講習会又技術指導員の球場での実技指導等を積極的に行っています。
悩みの種は慢性的な審判員不足と高齢化です。
野球審判の魅力素晴らしさを老若男女を問わず広く知っていただき
次世代の審判を育てることが私の務めだと認識しています。

基本方針

本協会は野球審判を通じて審判員相互の信頼と友情を深め、審判技術の向上と時代を担う審判員の健全な育成を図ることを目的とする。

派遣先リーグ・団体

硬式中学生 2リーグ
軟式中学生 1リーグ・2団体
硬式高校生 1団体(練習試合のみ)
硬式大学生 2リーグ
軟式社会人 28リーグ(227チーム)

組織沿革

1973年 協会設立
2008年 第3代審判長(宮原氏)就任
2009年 協会ホームページ開設
2015年 協会ホームページスマホサイト開設

在籍審判員35名(2019年7月現在)